赤ちゃん用の洗剤で洗濯する必要性|デリケートな肌を優しく守る!

赤ちゃん

ローションで保湿

ベビーローション

未熟でデリケートな赤ちゃんの肌を守るためには、ベビーローションを使った保湿が大切です。お風呂上がりにベビーマッサージも兼ねて保湿すれば、スキンシップも出来るでしょう。

Read More

赤ちゃんに優しい

赤ちゃん

赤ちゃんに優しいアイテムを使いたい。お食事、洗濯、何でも。特に彼らが身につけるものを洗うために使う洗剤は、「赤ちゃん専用」のものを選ぶことが出来ます。それを選ぶことが、赤ちゃんを大事にするということなのです。

Read More

水から健康になる

赤ちゃん

赤ちゃんというのはなにかと手がかかるもの、それは楽しくも時と場合によっては心が追い詰められることもあります。それゆえ毎日の暮らしを楽にするために、ウォーターサーバーを導入するのもよく、おすすめとなっているのです。

Read More

ベビー用の布団

購入時に気を付けた方がよい事

赤ちゃん

産まれたばかりの赤ちゃんが1日の大半を過ごすベビー布団だからこそ、どんなベビー布団を選べばいいのか心配になると思います。 ベビー布団選びを失敗しないためには、買いに行く前に下調べをしておくことが大事です。 まず、敷布団は固めのマットレスを選びます。フカフカの方が寝心地がいい気がしますが、赤ちゃんはまだ体が未発達なので、首や背骨をしっかりとサポートできる敷布団が最適です。また、柔らか過ぎると寝返りを打つようになった時に、窒息の原因にもなってしまいます。 掛布団は薄めで軽いものを選びます。赤ちゃんは、大人よりもたくさん汗をかきます。そのため、汗の放出ができない布団は蒸れて眠れないし、汗の蒸発が赤ちゃんの体温を奪ってしまうからです。

気持ちよく過ごすためのアイデア

ベビー枕は新生児の頃は薄手の低くて幅広の枕を用意しますが、タオルを折ったものでも代用できますので、頻繁に洗い替えができるタオルを利用している方も多いです。 そして、タオルケットや綿毛布は暑い時期に一枚でも使用できますし、冬場の布団に足して、気温の変化の激しい時期の温度調節にも活用できます。 また、敷布団を汚さないために活躍してくれるのが「バスタオル」です。汗やよだれで汚れがちのシーツの上にバスタオルを敷いておけば、頻繁なシーツの洗濯でお母さんがイライラすることもないし、気軽に洗えて衛星的に過ごすことができます。他にも防水シーツという、防水加工の施されたシーツもありますので、特におむつ替えの時に使用すれば汚れ防止に役立ってくれます。

洗い方を考えよう

赤ちゃんの肌は思っている以上にデリケートと言われています。少しの汚れや菌が付着することによって肌トラブルを起こしてしまう赤ちゃんもいます。その為、赤ちゃん用品を洗濯するときにはいつも以上に気を遣っておくことが大切なのです。赤ちゃん用品を洗濯するときには、基本的に専用洗剤で洗いますが、洗濯用のネットに入れて洗うようにするのが良いでしょう。洗濯ダメージによって衣類にほつれなどが発生した場合、赤ちゃんの肌が刺激を受けて肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。特に肌着は洗濯用ネットが必須と言えるでしょう。
赤ちゃんの汚れの中でも厄介と言われているのがうんちの汚れです。大人のうんちに比べて赤ちゃんのうんちは水分量が多い為、おむつから漏れて衣類にも付着することが多いのです。衣類にうんちが付いたときには洗濯機で洗う前に、まずは手洗いで汚れを落とすことが大切です。うんちの汚れはそのままにしておくとかなり落ちにくくなってしまうので、汚れを発見したときにはできるだけ早めに落とすよう心がけておくのが良いでしょう。
うんちの汚れに加えて、赤ちゃんの衣類汚れで多いのが母乳やミルクの汚れです。特に乳幼児期の赤ちゃんは、ミルクを上手く飲むことができない為、衣類を汚してしまうことがほとんどです。母乳やミルクも時間が経つにつれて衣類にしっかり染みこんでしまう為、汚れが落ちにくくなってしまいます。赤ちゃんが嘔吐や溢乳してしまったときには、できるだけ早めにぬるま湯等につけて汚れを落とすようにすることが大切です。外出時にミルク汚れが発生したときも、極力近くの施設トイレなどで軽く汚れだけは落としておく方が後から楽になります。

干し方や収納方法

赤ちゃんの衣類を洗濯した後は正しい干し方で乾燥させることが大切です。大人の衣類同様に、赤ちゃんの衣類も天気が良い日に外干しをして紫外線を当てるのが良いと言われています。紫外線を当てることによって菌が繁殖するのを抑制してくれるうえ、赤ちゃん独特のにおいを取るのにも効果的なので、太陽が出ている日はなるべく外干しで乾燥させるのが良いでしょう。基本的に一日の中で太陽の紫外線を最も浴びやすいと言われているのが10時から14時の時間帯です。色を多く使用している衣類の場合、色落ちを防ぐ為に風通しの良い場所で陰干しをするのも良いでしょう。梅雨時期など、晴れの日が少なく、どうしても部屋干ししかできないというときには、除湿機などを活用しながらしっかり乾燥させるのが良いでしょう。
衣類を乾燥させた後に注意しておきたいのが収納方法です。赤ちゃん用洗剤で赤ちゃん衣類を洗うのと同様で、収納するときも赤ちゃん用品だけで固めて収納しておくことが大切です。大人の衣類と一緒にしてしまうと、大人用に付着している洗剤残りやほこりが赤ちゃん衣類に付着してしまう可能性もあります。デリケートな赤ちゃんを守る為にも、大人用と赤ちゃん用は別々に収納するのが良いでしょう。

成分をチェックしよう

赤ちゃんの衣類やグッズを洗濯・洗浄するときには、干し方や洗い方を考えて行なうことも大切ですが、最も重要なのは洗剤を正しく選ぶということです。最近では汚れを落とす為にあらゆる洗剤に化学成分が洗剤に配合されています。大人のであれば問題無い成分でも、赤ちゃんには刺激が強すぎる場合も多いので注意が必要です。赤ちゃん用洗剤は、できるだけ蛍光剤や界面活性剤が入っていないものを選ぶのがポイントです。蛍光剤はアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。界面活性剤の場合、赤ちゃんに限らず大人の肌にも刺激が強い成分と言われています。一度肌につくと体内に吸収されてしまうこともある為、できるだけ家庭用洗剤で使用するのは避けるのが良いでしょう。他にも哺乳瓶を洗う洗剤や赤ちゃんの身体を洗うシャンプーにも気を遣っておくことが重要です。成分に注意することによって、赤ちゃんの身体を守ることができます。

Related Links

  • DADWAY

    通販で気軽に申し込みをすることができるので、ベビーのグッズが欲しいと考えているならサイトを確かめてみるといいでしょう。